ニッセン 日本船燈 ボートランプ(2型)

2020新発 ニッセン ボートランプ(2型) 日本船燈-その他


ニッセン 日本船燈 ボートランプ(2型) 
※限定1台!!入荷致しました!
ぜひ!この機会にお買い求め下さい。

送料込みで販売いたします。


真鍮は生きています。
真鍮の表面が時とともに変化し、個性ある輝きをつくりだします。

灯油の持つエネルギ-を光に変えて70年、世界の海からご家庭へ光をお届けします。 その昔、和船の船頭達は、夕暮れになると、最寄りの港で停泊し夜間の航行はほとんどしていませんでした。 しかし鎖国解除後、日本沿岸を航行する船舶の急増にともない船舶の事故が多発し、明治政府も手が付けられない状態 となってしまいました。そのような中、明治6年に初めて油用航海灯(石油ランプ)が生まれました。 昭和52年生産開始以来、デザイン・ 材質にこだわり続け、商品の隅々に職人の心がこもった手作りの逸品です。 実用性をかねたインテリアとして、お部屋を飾ってみませんか。


長野オリンピック(第18回オリンピック冬季競技大会)で聖火を運んだ灯油ランプです。
ユニバーシアード(学生のためのオリンピック)の記念灯火にも利用されました。
2013年9月28日~10月8日に行われる第68回国民体育大会(通称多摩国体)では、炬火リレーの採火保存用としても使われています(伴走車に搭載されています)。


ボートランプ(2型)

●主な仕様●
・燃料          灯油
・光度          4cd(約8W電球相当)
・継続点灯時間      約120時間
・油タンク安全容量    2000cc
・重量          約2.2kg
・外形寸法(mm)    高さ352×幅258